ダニシート

ダニ取りシートのダニ駆除効果を比較!中身を開けてみてダニを確認!

ダニゼロ母さん
ダニゼロ母さん
 ダニ取りシートって本当にダニを捕まえているのか分からないからあまり信用できない!と思っていませんか?

実際に効果が目に見えない物にお金を払うのって躊躇しちゃいますよね。

そこで、普通では見ることが出来ないダニ取りシートの中身を実際に開けてみて、ルーペやスマホの拡大カメラ、電子顕微鏡を使ってどれだけダニが捕獲できたのか?徹底比較してみました。

6種類のダニ取りシートの中身も分解して確認!

今回私が実際に使用したダニ取りシート6種類の中身を分解して見てみました!

使用したダニ取りシートはダニに刺された私のお布団の下に3ヵ月設置したダニシートになります。

期間は、2018年の4月と5月から使い始めています。

※私一個人の検証になりますので、専門の機関として評価しているわけではありません。あくまで私の体験談になります。

ダイソーダニシートピンクの中身


ダイソーで購入したピンクのダニシートの中身を開けて確認してみました。スマホで拡大撮影したり、電子顕微鏡で見てみたのですが、残念ながらダニの存在はありませんでした。

ダイソーダニシート青の中身


こちらはダイソーのダニシート青の中身です。ダニ捕りシートdxに似たメッシュのシートになります。こちらはルーペとスマホの拡大撮影、電子顕微鏡で見てみました。こちらもダニは見つかりませんでした。

ダイソーのダニシートの詳しい体験談はこちら>>>

ママのための置くだけ簡単ダニシートの中身


雑誌などで紹介されている「ママの置くだけ簡単ダニシート」の中身になります。中はサラサラの粉に粘着シートが入っていました。

粘着シートの上をくまなく探してみたのですが、ダニを見つけることは出来ませんでした。

ママの置くだけ簡単ダニシートの詳しい体験談はこちら>>>

ダニ捕りシートdxの中身


ダニ捕りシートDXの中身になります。メッシュのシートの中に粘着シートが入っています。誘引剤は粉ではなくこのシートの中に組み込まれているのかな?といった印象です。

電子顕微鏡で見ていると、1匹ダニを確認できました。

ダニピタ君の中身


粘着式のダニシートの中では一番人気のダニピタ君の中身になります。誘引剤が粉ではなく、丸いタピオカみたいな粒状になっています。その誘引剤とシートの間にダニを見つけることが出来ました。

ダニピタ君の詳しい体験談はこちら>>>

ダニ捕りロボの中身


ダニ捕りロボと同じ誘引剤を使っている「ダニ目視キット」で確認したので、ものすごくダニが集まっているのがわかります!

他のシートも黒だったらもしかしてダニを見つけることが出来たかもしれませんが、なかなか難しかったです。

私のようにわざわざシートを開けて確認するよりも、もっと簡単にダニを見つけることができるのが「ダニ目視キット」です。

まとめ

ダニ取りシートの中身をすべて開けてみて確認してみましたが、いかがだったでしょうか?

全くダニを見つけることが出来ないダニ取りシートもあり、ただのお金の無駄になってしまいました。

ダニ取りシートの中でも評価が高い「ダニ捕りロボ」と「ダニピタ君」ではダニをしっかり確認することができました。

やはり100円ではない、価格は少し高めでもしっかり効果があるものを使うことがダニ退治の一歩となりそうですね。

私も最初は安いのばかり何枚も買いこんでいましたが、時間とお金の無駄だったかもしれません。

本当に効果があるダニ取りシートを探している方は、おすすめのダニ取りシートを使って時間とお金を節約してくださいね。