ダニシート

ダニ捕りロボの効果を探りに日革研究所を突撃取材!

ダニをおびき寄せてダニを退治してくれる数多くのダニ取りシートの中でも、群を抜いて効果満足度が高いダニ捕りロボ。

ダニを粘着シートで捕まえるタイプに比べて、ダニ捕りロボはおびき寄せたダニを乾燥死させ退治してくれる他に類のない唯一のダニ取りシートです。

ですが、実際ダニは小さすぎてその効果を私たちが目にすることができず、効果を疑ってしまうこともあるかもしれません

そこで私が実際にダニの研究から、ダニ捕りロボの開発、製造、検証まで行っている日革研究所さんに突然取材でお邪魔してきました!

ダニ捕りロボは他に類のない唯一のダニ取りシート


ダニ捕りロボは、ダニをおびき寄せさらにシートの中でダニが乾燥死してくれるので、シートの中でダニが増殖する心配がありません。

ダニ捕りロボを3ヵ月使用したのち、どれくらいダニが捕れているのかを確認してくれるサービス(有償)があります。

今回、2019年4月30日から3ヵ月間、私の家の敷布団に使用したダニ捕りロボに、どれくらいのダニが引き寄せられているのか確認していただきました!

「日革研究所」はダニ研究のパイオニア!

兵庫県にある日革研究所で、山本さん、中田さんにお話を伺ってきました。

ダニ捕りロボのあんなこと、こんなことをいろいろ質問してきました。

日革研究所の驚くべき研究と開発!

ダニを自動的に人間に代わって退治するべく、3つのプロセス(研究、調査、開発)を日革研究所グループで行われています。

ダニ退治ママ
ダニ退治ママ
ダニ取りシートを販売している会社でここまでの研究をやっているところを見たことがありません!

研究

ヒトや微生物の研究と比較して、屋内ダニを研究する研究者が非常に少なく、その研究も進んでいないので、日革研究所自身で屋内ダニの生態などを研究し、その生態を利用して対策法や製品開発を行っています。

調査

研究室での整えられた飼育環境と一般家庭におけるダニが生息する環境は大きく異なります。

製品開発におきまして、1段階目は、研究室の実験環境を基に製品の効果を確認するのですが、その次の段階として、製品モニター等を通して、一般家庭における製品効果の確認を行っています。

開発

上記の研究・調査の内容を基に、より効果的に誘引捕獲できるよう既存製品を改善したり、 お客様のニーズや生活スタイルに適した製品の開発を目指しています。

ダニ捕りロボは、日革研究所の研究・調査・開発で考え尽くされて出来上がったダニ取りシートだということがわかりました。

誘引剤だけでも、香料などの成分をどのくらいの量や濃度でダニがどれだけおびき寄せられるか実験や研究、実地調査によってダニをより効果的に誘引できるように作られています。

さらに、体の80%が水分というダニの特徴から、乾燥させて完全にダニを干からびさせて退治することに成功した商品です。

ダニ捕りロボの特徴を再チェック!

・ダニをおびき寄せる誘引剤
・ダニを乾燥させる吸湿性セラミック

ダニ退治ママ
ダニ退治ママ
と、そろそろ気になるのがダニ捕りロボの検査結果ですね!さっそく、検査室にお邪魔してきました。

ダニ捕りロボの検査室を見学!


白衣をお借りして研究員ぽくなりましたw

顕微鏡で実際に動いているダニを見せてもらったのですが、「気持ち悪い」の一言でした。

注意:ここからダニの写真がでてきますので、苦手な方はスルーしてください。


顕微鏡で見たダニの映像がモニターに映し出されています。

少し茶色ぽいのが人を刺すツメダニです。他のぷくっとした半透明のダニがチリダニです。

ツメダニはチリダニを餌にしてどんどん増えていきます。

ママ
ママ
それでは、私が使用したダニ捕りロボを日革研究所の横井さんに協力していただいて、どれだけダニが集まったのか?ダニ捕りロボの効果を私の目で確認していきたい思います!

ダニがどれだけダニが集まったのか早速カウント開始!

まずはダニ捕りロボの中のシートをハサミで切って、中身(誘引剤やダニ)を出していきます。


私も洗い流す作業を体験させてもらいましたが、結構な時間5分~10分くらいしっかりダニを洗い出すそうです。

繊維にダニが残っているとカウントできないので、しっかりダニを目の細かい網に洗い出します。


目の細かい網でダニと誘引剤を分けます。すると、網にはダニだけが残る仕掛けになっています。


ここで青い液体を入れて、ダニ以外のものに色が着くようにします。

顕微鏡で見たときにダニが見やすいようにするためだそうです。

ダニをろ過シートのようなものに移していきます。

 

このシートに私のお布団にいたダニが全部集まったことになります!(怖い~)

 

こちらが私が3ヵ月間使用したダニ捕りロボで捕まえたダニを集めたものです。

ママ
ママ
どれくらいのダニがいるのかは肉眼ではまったくカウントできません。

 

早速シートを顕微鏡で見て、ダニを1匹ずつカウントしていきます。

ママ
ママ
とても細かい作業です。横井さん、本当にありがとうございます!

気になるダニ捕りロボの検査結果!

山本さんから直々にダニ匹数検査の結果をいただきました。

気になる結果は~

ジャジャジャジャーン

やった~!!!

え、何喜んでんの?

って感じですよね~???

実は、前回の結果が2,411匹だったんです。

【驚愕!】ダニ取りシートの効果がわかるダニ匹数検査結果!ダニ取りシートを使ってみたいけど、その効果はダニが肉眼では見つけにくいことから、実際に効果が分からないという方もいますよね? 実際...

ツメダニに関しては8匹だったのが、1匹に減ってました!

今年ダニ捕りロボを設置してから、1度もダニに刺されいないのは、この結果からも明らかにダニが減ってきているのがわかりました。

ダニ捕りロボについての疑問点を質問してきました!

ダニ退治ママ
ダニ退治ママ
まずは、ダニ捕りロボの名前の由来を教えてください。
山本さん
山本さん
お客様に代わってダニを自動的に退治する、オートメーションというところからダニ捕りロボと名付けられました。
ダニ退治ママ
ダニ退治ママ
ダニ捕りロボの強味(他とは違う点)を教えてください。
中田さん
中田さん
やはりダニをおびき寄せて乾燥させることですね。さらに誘引剤についても、香料ひとつでも、どのくらいの濃度でどのくらい混ぜたほうが効果が高いのかを研究して、より良いものを作るこだわりを持っているところですね。
ダニ退治ママ
ダニ退治ママ
ちらっと見せていただいたんですが、誘引剤へのこだわりが凄いんです!そこはやはりダニの研究と商品の開発を一緒にされている日革研究所さんだからこそできるダニ取りシートなんだと思います。
ダニ退治ママ
ダニ退治ママ
ちなみにダニ捕りロボの誘引剤の中身ってどんなものですか?
中田さん
中田さん
企業秘密ですw

   ですよね~!(笑)

 

ダニ退治ママ
ダニ退治ママ
お二人にいろいろ質問して、疑問に思ってたことがクリアになりました。

まとめ

ダニ捕りロボの研究所の日革研究所にお邪魔して思ったことは、「ダニ捕りロボ」ができるまでの研究や開発、検証を徹底してやっているところに感動しました。

ダニ捕りロボは見た感じ、普通のシートにしか見えませんが、ダニを研究して知り尽くしているからこそ、ダニが好む香りやそのあとの退治(乾燥)までたどり着いた商品なんです。

ここまでしっかり研究し開発されているダニ取りシートは他に見たことがありません。

ダニ捕りロボを使ってみて効果がない訳がない!

そこまで断言したくなる取材の旅でした。

私たち家族は、ダニ捕りロボにダニから救っていただいたも同然で、今では夏でも快適に過ごせています。

もしまだダニの被害に悩まされているなら、一度ダニ捕りロボを使ってみると、これまでのダニの被害によるイライラやストレスから解放されるとかなりの勢いでおすすめしたいですね。

私のダニ対策は「ダニ捕りロボ」が最強!

私がダニに刺されてからというもの、ありとあらゆるダニ対策をやってきました。

そして、私が最終的に見つけたダニ対策が「ダニ捕りロボ」を、ダニの被害にあった場所に置くだけです。

ダニ捕りロボは置くだけで、人を刺すツメダニなどをおびき寄せて乾燥死させてくれます。

殺虫成分を一切使っていないので小さいお子さんやペットがいても安心です。

もうダニに刺されるのは嫌!お布団でゆっくり寝たいの!という方はぜひこの機会に。