ダニについて

ダニが発生する時期は7月~9月が激増!

ダニが発生する時期について


ダニの発生や活発化する時期は5月から増え始め、8月でピークとなります。ダニが好む環境は、温度が20度以上、湿度は60%以上で、餌となるフケや垢などが多くあると、さらに繁殖しやすくなってしまいます。

多くのダニは、産卵後1日から2日で孵化します。ダニが生きている間に卵を産む数は、1匹あたり100個以上といわれており、ピークの時期には数日で何倍もダニが増えます。

また、ダニが生涯にするフンの数は、1匹あたり約500個ともいわれています。ダニは、そのもの・フンや死骸すべてがアレルゲンとなるため、発生や繁殖をする時期を認識し、対策をしっかり行うことが重要です。

ダニアレルギーの時期


アレルギーの時期については、人それぞれですが、春から梅雨にかけてと、夏から秋にかけての季節の変わり目が悪化しやすいといわれています。

季節性のアレルギー性鼻炎は、春から梅雨にかけて多く発生します。しかし、ダニ由来の喘息については、夏から秋の季節の変わり目に悪化する方が多いです。

ハウスダスト由来のアレルギーであれば、鼻炎も喘息も、やはり秋が最も症状悪化しやすいといえるでしょう。
というのも、梅雨から8月にかけてダニが繁殖します。その後、死骸やフンが発生するため、ハウスダストは8月から10月の秋が、特に増えてしまうからです。

※参考画像:レイコップが調べたグラフになります。

ダニに刺される時期


アレルギーの原因となるダニは、5月から8月にかけて増えていくということでしたが、刺される時期は8月から9月がピークとなります。なぜなら、アレルギーの原因となるダニと、人を刺すダニが別の種類であるためなのです。

人を刺すダニは、イエダニやツメダニという種類になります。ツメダニは、ヒョウダニやコナダニといったアレルギーの原因となるダニを餌として繁殖します。

そのため、活動が活発になる時期は、餌となるダニが繁殖し終えた8月から9月と時期がずれてきます。

また、イエダニについては、ネズミや鳥などに元々寄生するダニです。寄生していたネズミなどが死んでしまうと人を吸血するようになりますが、こちらも刺すのは7月くらいから9月に被害がひどくなります。

冬でもダニは発生するの?


冬は気温も湿度も低いため、ダニが繁殖しにくくなるように思えます。しかし、現代の家の多くは、保温効果が改良されて作られています。

その中でも、暖房をつけたり、布団の中であれば、ダニの発生条件は満たしてしまいます。さらに、冬は乾燥しやすい季節になるため、フケや皮膚がはがれてダニの餌が増える時期でもあります。

温度と湿度、餌の条件がそろえばダニは季節を問わずダニは繁殖してしまうので注意しましょう。

私のダニ対策は「ダニ捕りロボ」が最強!

私がダニに刺されてからというもの、ありとあらゆるダニ対策をやってきました。

そして、私が最終的に見つけたダニ対策が「ダニ捕りロボ」を、ダニの被害にあった場所に置くだけです。

ダニ捕りロボは置くだけで、人を刺すツメダニなどをおびき寄せて乾燥死させてくれます。

殺虫成分を一切使っていないので小さいお子さんやペットがいても安心です。

今回、日革研究所さまのご厚意で
当サイトから購入される方限定で割引していただけることになりました!

  • 対象商品:ダニ捕りロボ特選セット(定期購入)限定
  • 割引金額:500円
  • 期間:2019年12月31日まで
  • クーポンコード:2019dth
購入画面のお支払い方法選択のページで「クーポンコード」を入力してください。

もうダニに刺されるのは嫌!お布団でゆっくり寝たいの!という方はぜひこの機会に。